体験談

画像の説明


小学1年生のおかあさん

今まで使ったことのない言葉がポンポン出てくるようになりまして驚いております。読書が好きになったことは、勿論、最近、文章をよく書きたがるようになりました。


小学2年生のおかあさん

やり始めて数ヶ月たちますが最近自分の頭で考えだしてる感じがいたします。


小学5年生のおかあさん

子供が自らも本が読みたくなり知識や話題が豊富になりました。文章表現も単なる事実の羅列ではなく、視点、洞察力の鋭さもみられ、びっくりしております。今後が楽しみです。


小学6年生のおとうさん

私たち人間は“ことば”で「読む・考える・書く・話す」ということを行っています。“ことば”の力をつけるには言い古されたことですが「読書」が最適だということは以前から分かっておりました。しかし、今の子供はゲームや漫画はいつまででもやっているのですが、読書となると…。いい本を読ませたいなあ、とずーと考えておりましたが、このシステムとの出会いがありました。今まで夏休みの宿題用として2~3冊読んだ(気になっている)程度でしたが、今では本好きに変わり、一日一冊を苦もなく読み続けるようになり、ゲームや漫画は卒業しました。これだけで十分です。


中学1年生のおとうさん

これからの時代は無から有を創りだすことのできる、個性的で、しかも、考えたことを相手に話したり、書いたりして自己表現していくことのできる人間が必要だと思います。そんな意味で、時代に合った、世の中が欲している今までにない学習システムです。


小学3年生のおかあさん

お蔭様で「国語」の力がつき、学校でのテストもいい点数を取るようになりました。聞くと、文章がすぐに読みきれて、内容も頭の中でイメージでき、答えが浮かんでくるので、それを答案として書いているのだそうです。不思議ですが、嬉しい限りです。


小学3年生のおとうさん

ここに通いだして子供の人間が変わってきているのを感じます。自分の意見を言えるようになりました。物事の考え方が深くなりました。表現が豊かになりました。 明るく、元気になりました。本が好きになりました。私も通いたいです。